新米が届きました。

今朝はすごい風ですね。

閉め切っていても室内が乾燥するのか、仕込み中のパンの表面が乾いてしまい、発酵器の温度を調節しました。

今日は町民運動会もありますし、何とかおさまってくれるといいですね。

今年も、つむぎのふるさと新潟十日町から魚沼産コシヒカリの新米がとどきました!



去年はいつもと比べると品質がいまいちで、販売を見送りましたが、今年は少し黄みがかっていますが、甘味がとても強く最高です。

委託している「かわきた」さんが川治地区だけで作ったお米ですので、通常流通しているものと違い、混じりっけなし。

精米したてですし、最高峰のおいしさです。

つむぎでは、数は多くありませんが、2圓5圓妊ラフトの米袋に入れて販売しております。

贈り物にもぴったりです。

お好みにもよりますが、今年の新米は水の量はそれほど控えない方が良いみたいです。

つむぎのガス釜では、通常通りの水加減でばっちりです。

ランチのご飯ももちろん同じものを使っています。

熱々も冷めてからも、この米ならではの甘味やもちもち感を感じられます。ぜひご賞味ください。

こうしてお米の紹介をしていると、コーヒーとの共通点を感じます。

今朝、世界最高峰のコーヒーのひとつ、「グアテマラ・エルインヘルト・ゲイシャ」を初めて飲みました。

まだ口の中に余韻が残っています。素晴らしい経験でした。

世界に米を生産して食べる国はたくさんありますが、この米もまた、最高峰のひとつと言えると思います。

しあわせです。

皆様のお越しをお待ちしております。

COMMENT

▲top